ブルガリ プールオム オードトワレ EDT 100mL 香水()日記系.jpからAmazonの
「ブルガリ プールオム オードトワレ EDT 100mL 香水」
商品紹介ページへジャンプしています

リンク先は、日記系.jpとは独立した規約、個々のプライバシー規定やデータ収集規定を持っています。
弊社はこれらの独立した規定や活動に対していかなる義務や責任も負いかねます。
ユーザーのパスワードや登録情報の保持は、ユーザー各自の責任で行ってください。
またオンライン接続しているときには、情報の取り扱いに十分にご注意ください。


つながり日記
あなたの指をアクセサリーに加工して売ります
コメント来なければやめるよっ(微怒笑)今日のニュースです。 札幌・旭川で初雪を観測 昨年より4―6日早く http://www.47news.jp/CN/201010/CN2010102601000113.html ほんときょくたんですね今年の天気。思えば冬から急に夏になり、9月は酷暑から突然初冬ってかんじがしたものです。もっとも、関東は例年より暖かいと思う。20度あるんだから。 中国メディアの奇々怪々報道 日本で超人気女性アイドルが「尖閣は中国」 http://www.j-cast.com/2010/10/25079084.html >日本で2010年度の「オタクの女神」を選ぶ人気投票が行われ、日本のアイドルグループ「AKB48」を抜き「angel girl」が1位になったと書いている。 知らなかった。ここでいう日本ってどこの国?でもま、かの国は報道がアレですから、まともにとらないほうが大人だと思う。萌えキャラ化しちゃえば?鬼子のように。でも単純な売名行為だったら厄介だなあ。 クリの香りが大爆発、「これは苦行」という感想も飛び出した「ペプシモンブラン」試飲レビュー vhttp://gigazine.net/index.php?/news/comments/20101026_pepsi_montblanc_review/ どれ一つとして飲んだことが無い。というか店頭で見たこと無い。店頭にあれば怖いもののみたさで買うかもなのに、コンビニ戦略に難があるペプシ。ところで、モンブランってそんなにおいしい?飲みたいほど?それを言ったらキュウリ味はどうだったんだって話か。 大仏殿で発見の刀、1250年不明の正倉院宝物 http://news.goo.ne.jp/article/yomiuri/life/20101025-567-OYT1T00862.html 聖武天皇の関連遺物が大仏下に埋納されていたのは有名な話だけど、こんなに大きなものがしかも由来もわかったというのは奇跡的。1200年間も貸し出されていた御物か。ギネスに載るんじゃない?「世界で最も長い間貸し出されていたモノ」持ち出し記録のある正倉院に返却するといい。 鳥取女子大生不明から1年「果敢に捜査を」 http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp0-20101026-694508.html はっとした。忘れていた。忘れてはいけない残虐な事件。防犯カメラに犯人が捉えられていたにもかかわらずなぜ捕まらないのか。 宇多田がUtadaベスト盤買わないで! http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20101026-694358.html 異例でもなんでもない(有名無名はともかく)よくあることなんだけど、じゃあ契約ってナンナンダって話で。自分で販路開拓して自分で売ってきたならまだしも、鞍替えしたからといってそれまでの契約の範囲内で販売されるものに対する差し止め権利をアーティストが持てるわけもなく、こういうのは抗議ではなくて、感情だ。「それでも買いたいから買う」というファンは絶対いると思うよ。作品は作者の手から滴り落ちた時点で一人歩きするもの、という宿命を、理解していないとも思えないんだが。 権利といえばこういう権利もあるわけで。 ドイツの解剖学者、人体標本のネット販売を開始 http://www.excite.co.jp/News/odd/E1287996160520.html プラスティネーション標本は見世物だ。「神秘」とか「科学」とか銘打って20年近く日本でも繰り返し巡回展が開催されてきているけれども、それがお題目にすぎないのは、毛細血管が壊れ落ちて床に散乱しているような標本の雑な扱いはもとより、目をひくような展示法、猟奇の気持ちを刺激する形態、謳い文句からもわかる。これはかつて見世物小屋であくまで科学者の研究費のためとか医学的見地から啓蒙の目的をもってとかいった「当局向けお題目」をつけていたのと同じなのだ。遺体の尊厳は何なのだろう。その権利は誰が売り渡したのだろう。そもそも権利はこのような「学者」に譲渡していいものなのか。アーティストはどこまでアートに命を売り渡していいのか、という話に近いけれど、「リアルやっちゃマズいだろう」という直感を催すものだった。アクセサリーなんて、欲しい?・・・「夜と霧」の白黒写真を思い出す。 心霊写真。
Generated by 日記系.jp with Cyberz Inc.
CCPERIKOVCastEngineCONOE.netであい.COM日記系.jpHITCHART.COMケタケタ