ブルガリ プールオム オードトワレ EDT 100mL 香水()日記系.jpからAmazonの
「ブルガリ プールオム オードトワレ EDT 100mL 香水」
商品紹介ページへジャンプしています

リンク先は、日記系.jpとは独立した規約、個々のプライバシー規定やデータ収集規定を持っています。
弊社はこれらの独立した規定や活動に対していかなる義務や責任も負いかねます。
ユーザーのパスワードや登録情報の保持は、ユーザー各自の責任で行ってください。
またオンライン接続しているときには、情報の取り扱いに十分にご注意ください。


つながり日記
番外編・時珠和美の補足
さて、和美が死に損なった…死に瀕した事について 小学五年生の頃ですかね。何気なく下校していた途中の話 赤信号にて、(多分)何時も通りぼけっとしていた和美。信号が切り替わり、(多分)ぼげっとしながら歩き出した途端、和美の目の前を、一台のワンボックス(単なるワゴン?あのティッシュボックスみたいな長方形の車)が勢い良く通り過ぎていったのですよ 直後、視線を感じて、その方向を見たら、女の子が二人。(確か)別に何事も無かったように、和美は家路につ着いた~ という事です。大分昔のことなので、所々妄想による埋め合わせがありますが、仕方なし(´・ω・`;) そしてその後日、その時の女の子二人が教室に入ってきて、事を担任に話したのです(この事実はしっかり覚えている) いやぁ…あの時死んでたら、どうなていたのでしょうかね。って、死んでるんだからどうなるもなにもねえよ(´д`#) ついでに日本語もおかしいよ それと、これはとある糞餓鬼の話ですが とある糞餓鬼は、友達から預かっていた物を大事にしていました。というより、殆ど貰ったも同然でしたし、相手もそれをほぼ承諾していたので、糞餓鬼は、それをまるで自分の物のように認識していました 少し時が経ち、糞餓鬼はそれを別の友達に譲りました。もう自分のものだと思っていましたし、事実上そうでしたので、その行為に疑問を抱くことはありませんでした そしてある時、一本の電話が家に掛かってきました あの時渡したものを返して欲しい、と 当然、出来ません。他人に譲ってしまったのですから。糞餓鬼は、仕方ないにしても、その事だけはきちんと話しました。すると、相手は一転、落ち込んでしまいました 糞餓鬼は、色々考えました。事実上貰ったも同然なんだから、支配権は自分にあると。しかし、それは糞餓鬼の勘違いであって、相手はそうでなかったのです 今なら譲った相手に事を説明して、返してもらうことが出来るかもしれない。だが、損なのは虫のいい話で、絶対という話ではない。寧ろ望みのほうが薄い 色々考えて考えて、糞餓鬼はなんとかしようとしました。言わなければいけない事を、何とか口にしようと、葛藤しました。しかし相手は怒った口調で 「もういいよ」 と言って、電話を切ってしまいました 糞餓鬼は、自分のしたことに後悔しました。そして、自分の在り方に嫌悪しました そして何故か、それから糞餓鬼は、本音をいうことに酷く遠慮をするようになりました …ふぅ、寝よう
Generated by 日記系.jp with Cyberz Inc.
CCPERIKOVCastEngineCONOE.netであい.COM日記系.jpHITCHART.COMケタケタ